専門的な知識が必要な場合がある仕事:
福祉系の仕事


高齢化社会が加速している現代においてなくてはならない仕事です。しかし、現状では必ずしも労働に見合っただけの報酬を得られるとは言い難いでしょう。今後は行政側の取り組みに期待したいと思います
?ホームヘルパー
ホームヘルパーは、在宅の高齢者や障害者宅を訪問して、介護サービスや家事援助サービスを提供する仕事です。ホームヘルパー(訪問介護員)の資格には1〜3級課程がありますが一般的に2級課程から取得する人が多いですし、求人でも2級以上としている事業所が多いです。これは3級取得者は家事援助しか出来ないのに対し、2級取得者は家事援助に加え身体介護・移動介助ができるためです。資格の取得のためには自治体や社会福祉協議会、会社などさまざまなところで実施している 「介護員養成研修」を修了することが必要となります。2級課程では130時間、1級課程では230時間の研修が義務づけられています。現在の勤務形態は非常勤職員が全体の8割とパートでの人材が必要不可欠となっています。ただし、就労時間はさまざまで、最近では24時間介護を打ち出している事業所もありますが、必ずしも自分の希望とは一致しないかもしれません。また訪問するお宅までの交通費も各事業書により異なります。訪問までにかかる時間を時給に加える事業所や、時給額は異なるが給与を支払う事業所もあります。実際に訪問してからの仕事にかかる時間はさまざまで1時間だけということも多いようです。その分をどのようにカバーされているのか面接の時にしっかりと確認するといいでしょう。ちなみに2級取得者は取得後実務経験3年以上で「サービス提供責任者」としての仕事もできるようになります。サービス提供責任者は正社員として雇用される事も多いのでスキルアップを図るのにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

?介護福祉士
介護福祉士は身体的、精神的な障害により日常生活行動に支障のある人に対して介護し、生活を送るための支援を行うことを目的として制定された国家資格です。職場としては、特別養護老人ホームやデイケアセンター、障害者の福祉作業所などがあります。介護福祉士の資格の取得方法は2つあります。一つは厚生労働大臣の指定する養成施設を修了すること、もう一つは介護実務経験3年以上で国家試験に合格することです。専門の学校に通わずとも働きながらスキルアップできる点は大変魅力的だと思います。

?ケアマネージャー(介護支援専門員)
福祉系の資格の中で、もっとも取得が困難な資格かもしれません。主な業務は介護保険制度を利用しようとしている方々に対してのアセスメント、ケアプランの作成、サービスの調整などを行います。資格の取得方法は、定められている法定資格(医師や看護士、介護福祉士など)を取得後5年間の実務経験を経て、試験に合格しなければなりません。また、法定の資格がなくとも所定の福祉施設で10年以上介護などに従事すれば、受験資格が得られます。取得の道のりは長いですが、求人は多く給与の面でも他の介護職に比べ優遇されていますので、一生涯にわたる資格であると思います。

▲このページの上へ

  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報