専門的な知識が必要な場合がある仕事:
パソコンを使った仕事


インターネット社会の発展で場所を選ばず、自分の都合のいい時間できる仕事が増えている事が最大の魅力と言えます。ただし、最近では仕事に必要なためと高額なパソコンやソフトを買わされたりする悪徳事業所も多いようです。そのような事業者の被害に遭わないためにあまりに好条件がそろっている場合は注意が必要と言えるでしょう。

?ホームページ作成、コンテンツ制作スタッフ
Web業界はさまざまな専門的知識をもつ専門家により分業されている場合が多いです。一つのサイトを作る場合、文章を書くライター、デザインを担当するWebデザイナー、プログラミングを担当するWebプログラマー、総合的な仕事を行うWebディレクターなどがあります。専門的な知識はそれぞれ違いますが、ネット関係の基礎知識は不可欠となります。ただし、未経験からでもしっかりと指導してくれる事業所もありますので、探してみるといいでしょう。

?プログラミング関係
プログラミング言語を使って実際にプログラムを作成する仕事です。また、システムエンジニアと呼ぶ事業所もあります。正確にはシステムエンジニアがシステムの設計を行うのに対し、プログラマーは設計に基づいてプログラミングのみを行うという意味だそうです。ただし現在ではその境界線はあいまいな部分が多く、両者の仕事を一人で担当することも少なくありません。プログラミング言語を扱える知識が必要となりますが、両者を一人でこなせるようになれば、仕事の幅は非常に広くなります。

?CADオペレーター
CADとはComputer Aidied Designの略で、設計作業をコンピューターで支援しながら行うことを指します。従来は手書きで行っていた製図などをコンピューターを使って行うのですが、そのための専用のソフトが必要となります。職場で働く場合は会社側が使うソフトを用意してくれますが、自宅で仕事を請け負う場合には事業所に借りる場合もあります。CADオペレーターは自動車産業や機械分野、家電、最近では服飾などさまざまな業種で活躍しています。使い方を覚えれば特別な資格がなくても働けるのも魅力の一つでしょう。ただし、3次元CADと呼ばれるような専門的な知識が必要な場合もあります。また、スキルアップしていけば将来は独立開業することも可能であると言えます。

?データ入力スタッフ
コンピューターを使い、伝票や文章などの打ち込みを行う仕事です。特に専門的な知識はあまり必要としませんが、一般的に使われているワード、エクセルの知識はあったほうがいいでしょう。ワード、エクセルは独学でも十分学べます。また、在宅でデータ入力の仕事を募集している場合もあります。

▲このページの上へ

  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報