専門的な知識が必要な場合がある仕事:
専門的な仕事いろいろ


専門的な仕事はなかなかアルバイトやパートといった非正社員の募集はあまりないかもしれません。しかし、その中でも未経験でも将来的に資格を取得することを前提に経験を積むといった意味合いの募集もあります。たとえ専門的な知識、資格がなくとも同じ分野の求人には常に目を通しておくといいでしょう。

?医療事務
病院などでレセプト(診療報酬明細書)の作成などの保険請求業務を中心に、医療に関する事務を担当したり治療費や保険点数の計算などの会計業務などを行います。レセプト作成の為の保険制度の仕組みや点数計算の技能が必要なため、複数の団体で独自に設けている資格のどれかを必要とする場合がほとんどです。資格取得の為には認定されている学校に通うかもしくは通信講座でも可能です。また同じような業務を行う職種に介護事務もあります。介護事務は介護保険に関する事務を主に行います。こちらも複数の団体で独自に資格を設けていますので、なんらかの資格を取得した方が就職に有利と言えます。もちろん通信講座もあります。

?トリマー
近年のペットブームを受けて人気が上がっているトリマー。一口に言うと犬や猫の美容師さんです。毛のカットやシャンプーなどのトリミングを行います。この仕事に就くためにはやはり資格の取得が一番です。国家資格ではないので、団体ごとに資格制度を設けています。スクールの期間はさまざまですが、1年から2年が多いようです。また、カットの技術だけではなく、獣医学の知識も大切となります。将来的には独立も可能な資格・仕事だと言えます。ちなみにせっかく資格を取得してもシャンプーなどで手が荒れ、仕事が続けられないケースもあるそうです。

?塾講師、家庭教師
どちらも勉強を教える仕事になります。最近では幼稚園入園前の英会話教室なども人気が高いそうです。基本的に塾講師は大勢を相手に勉強を教え、家庭教師は一人一人となります。特に必要な資格とかはありませんが、塾講師は大学卒業が基本とされているようです。

?パソコンインストラクター、その他のインストラクター
パソコンの使い方を教える講師となります。ワードやエクセルはもちろんのこと、プログラミングなどの高度な専門知識を持っていると選択の幅が広がります。パソコンに限らずインストラクターの仕事は、ただ単に知識を教えるだけではなく常にわかりやすく教えられるように学び続けなければなりません。責任感と向上心が必要な仕事と言えるでしょう。

▲このページの上へ

  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ