ちょっとアルバイトの裏側をのぞいてみよう:
笑えなかったパチンコ店でのアルバイト


以前パチンコ屋さんでアルバイトをしていました。そこはチェーン店で市内に何店舗か店を構える中堅クラスの規模だったと思います。仕事の内容は、お客さんが出した玉を運んだり、「ドル箱」と呼ばれるパチンコ玉を入れる箱を上げたり下げたり。体力は結構必要でした。パチンコ台のトラブルの対処もしましたが、なにぶんギャンブルですので、お客さんの中にはかなり厳しく従業員に当たる人もいます。しかし、いちいち真に受けてもいられないので、とりあえず笑顔でごまかします。開店前や閉店後も雑務が多くて時間がかかりますので、11時閉店なら、店をでる時間は12時を必ず回っていました。

社員に対する規則は厳しく、服装はもちろん、お客さんに対するおじぎの角度なども細かくチェックされます。何ヶ月かに一度姿勢などをチェックする専門の担当者がいて、私たちホールスタッフには内緒で上の階でモニター越しにチェックすることがありました。また、朝礼の時は笑顔作りの練習や発声練習も行いました。笑顔に関しては特に厳しかったと思います。今思えば「常に笑顔を絶やさず、気持ちの良い接客態度」がそのパチンコ店の売りだったと思います。しかし、そんな笑顔がいっぱいの職場でも笑えなかった事件がありました。

その事件はなんの前触れもなく突然やってきたのです。ある日、いつものようにホールで仕事をしていました。その日は「新台入れ替え」と言う新しいパチンコ台を導入した日で、お客さんも結構いらっしゃいました。新台入れ替えはパチンコ店の一つの目玉なのです。私が普段通りにホールで仕事をしていると、突然真っ暗になりました。そう停電です。その当時のパチンコ台は電源が切れると大当たりも消えてしまうものだったので、お客さんはその大当たりを逃がしてしまうことになるのです。しかも電気がついていないのは、パチンコ店のみ。お客さんは怒って、わざとやったのだろうと文句を言ってきます。しかしながら私たちアルバイトにはどうしようもなく精一杯の笑顔で平謝り。その後電気も復旧しなんとかお客さんをなだめてその場を取り繕いました。

ようやく雰囲気も落ち着き、仕事を再開してまもなく、2度目の「バツッ!」さすがに、この時は笑顔を作ることが出来ませんでした・・・
後でわかったのですが、新台の消費電力量があまりに大きかったため、ブレーカーが落ちたとの事でした。
最近のパチンコ台は停電でもバックアップ機能が付いているそうで、この様な事にはならないらしいです。これから働いてみようと思っている方は安心してくださいね。最近では、玉をカードに直接貯めることが出来るパチンコ店もあるそうです。力仕事だとあきらめていた方は、その様な力仕事があまりないお店を探してみてはいかがでしょうか。(34歳、男性)

▲このページの上へ

  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報