初めてのアルバイトのために:
履歴書の書き方、注意点


求人広告に募集する際にまず初めに相手側に伝わる履歴書。その書き方で採用担当者の受ける印象も全く変わってしまいます。面接官は時には何十通という履歴書の中から選ぶ場合もあります。間違った書き方などは面接を受けることもできない可能性がありますのでルールを守って正しい履歴書が書けるようになりましょう。履歴書で会う前の第一印象が決まると言っても過言ではありません。自分自身を正しく理解してもらえるように丁寧に書くことが大切です。

?用紙の選び方
アルバイト情報誌などには、白紙の履歴書が添付されている場合がありますが、ホッチキスで止まっているものなどは、用紙を取り出すときどうしても破けてしまうので避けた方が無難でしょう。また、市販されている履歴書は様々な種類があり、選ぶときには特に「志望動機」を書く欄が大きい履歴書がお勧めです。中には「好きな学科」などを書く欄がある履歴書もありますができるだけ避けた方が自分のアピールがしやすいと思います。また最近ではインターネットなどを通して自分で印刷した履歴書を使う方もいらっしゃると思いますが、印刷は枠組みのみとし内容は手書きの方がいいでしょう。

?実際に書いてみましょう
履歴書の用意が出来たら実際に書いてみましょう。一枚を下書き用として練習するのもいいでしょう。実際に書く際には黒のボールペンか万年筆を使います。字は丁寧に、見る側に見やすいように書くことを心がけましょう。普通は一番上に日付を書く欄があります。小さいので目立たないかもしれませんが、履歴書を書いた日付を忘れずに記入します。次に氏名を記入します。氏名の上にふりがなを付ける欄がありますが、「フリガナ」とカナで書いてある場合はカナで、ひらがなで「ふりがな」書いてある場合はひらがなで書きます。また住所のふりがなの場合は漢字にのみ付け都道府県から書きます。学歴は書く欄が足りなければ小・中学校は省略しても構いませんが、書く場合は卒業年度を記入し学校名は省略せずに書きましょう。「学歴」と「職歴」の記入も一行使って書きます。アルバイトやパートなどの経験でも、長期にわたって行った仕事やアピールになる場合は記入しましょう。その際にどのような仕事をしたか面接の時に聞かれることが多いので、ある程度自分の中で答えを考えておくのもいいかもしれません。
 資格を書く欄は応募した仕事に関係なく書きましょう。資格は正式名称で書きます。また現在資格取得の勉強中の場合は、その旨を書くのもいいでしょう。自己PRや志望動機の欄は空欄を避けかならず書きましょう。自分の言葉で書いた方が面接で聞かれた際に答えやすいと思います。仕事に対する想いや熱意などは具体的に書くと伝わりやすいと思います。
最後になりましたが、添付する写真は、スナップ写真などは避け、正装で撮りましょう。髪型などにも気を配り、明るい印象を与える写真を使うのが良いと思います。ハンコを押す際にも向きをしっかり確認し曲がってしまった場合などは、新しい用紙を用意した方が良いと思います。間違った箇所への修正液の使用も避けましょう。担当者は細かいチェックをしているのですから。

▲このページの上へ

  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ