初めてのアルバイトのために:
面接への取り組み方


履歴書を送り、OKであれば次の段階、面接へと進んでいきます。ここでは面接時のポイントを何点かみていきたいと思います。面接は誰でも緊張しますし、機会もそう多くはないので慣れることは難しいと思いますが、最低限のマナーだけはしっかりと押さえておきましょう。

基本的な心得
1,まずは服装に気をつけよう
アルバイトの場合はスーツなどの正装ではなく私服でもいいと言ってくれる場合がありますが、その場合でも清潔感のある服装にしましょう。穴あきジーンズやストリート系のゆるいズボンは好ましくありません。また髪型やアクセサリーも派手にならないように注意が必要です。
2,時間は厳守しましょう
面接の時間には余裕をもって出かけましょう。少なくとも15分前には面接場所の前に着いておいたほうが心にゆとりを持てます。やむを得ない事情で遅れる場合は、必ず連絡しましょう、
3,相手の目を見ましょう
面接担当者が話をしているときはもちろん、自分の意見を述べるときも、相手の目を見るように心がけましょう。うつむいたままや、きょろきょろとあたりを見渡してばかりだとマイナスの印象を与えてしまいます。目を合わせて話すのが苦手な方は相手の鼻を見るのも一つの手です。
4,基本は敬語で
話す言葉は敬語を使いましょう。もし敬語にあまり慣れていない場合でも丁寧に話すように心がけましょう。質問に対する答えはわかりやすくあまり長くならないように答えましょう。会話のリズムも大切です。
5,アピールは過去の実績にとらわれずに
自分をアピールする場合は、過去の実績については簡単に述べた方が無難だと思います。大切なことは将来的にどのように仕事に取り組んでいきたいかであって、過去の実績を自慢げに話すのはマイナスです。
6、わからないことは素直に言いましょう
質問されたことに対しわからないことは素直にいいましょう。担当者はいわばプロです。その場だけの取り繕いは見破られてしまいます。素直さ誠実さも非常に大切な要素です。

面接は必ずしも100点の答えはないと思います。大切なことは自分のやる気や熱意をしっかりと伝えることです。例えたどたどしいしゃべり方でも、一生懸命さが感じられれば担当者に受け入れられやすいと思います。

▲このページの上へ

  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報