初めてのアルバイトのために:
仕事を辞める時のマナー


仕事を辞めるときにもマナーがありますので注意しましょう。これは正社員でもアルバイトでも同様で、時には次の事業所が仕事ぶりなどを以前の事業所に確認する場合もあります。ここでは基本的な点について触れてみたいと思います。

1,退職の意思表示
まずアルバイトを辞める前に、今一度自分の中の意志を確認してみましょう。辞める意志を決意した場合はまず直属の上司に「相談」の形で話す方がいいでしょう。いきなり「今日限りで辞めます」などは厳禁です。いままで頑張ってきた仕事だからこそ最後までやり遂げましょう。

2,退職の申し込み
出来れば1ヶ月前、最低でも2週間前に伝えましょう。事業所側も人材を確保したり、引き継ぎなどを行いますので時間が必要です。正社員の場合は2ヶ月以上前に伝えるほうが望ましいです。また社内の規則などに期限などを定めている場合もありますので、そちらの確認も忘れずに。

3,退職の手続き
アルバイトやパートの場合でも「退職願」を提出する場合があります。書き方などは事業所の指示に従います。また事業所の備品などは全部返却しましょう。制服などはクリーニングに出してから返した方がいいと思います。仕事の引き継ぎが必要な場合もありので残務整理も重要です。また、パソコンなどを使う仕事の場合は個人情報保護の観点からもデータの整理をしましょう。

4、挨拶は社会人の基本です
辞めるときは上司やお世話になった方にきちんと挨拶しましょう。その際は勉強になりました、お世話になりましたなどの感謝の言葉で表すのがいいでしょう。

立場が正社員の場合でもアルバイトやパートなどの非正社員の場合でも基本的な流れは同じになります。正社員の場合は、雇用保険被保険者証や源泉徴収票などを受け取ります。日数がかかる場合もありますので郵送で受け取るといいでしょう。また失業保険を受給する場合は離職票も必要となります。失業保険は自己都合での退職の場合、待機期間があり、すぐには給付されないので注意しましょう。受給期間も被保険者の期間により異なります。また、最近話題となっている年金問題。年金手帳は会社が変わっても同じ手帳を使うので、勤め先から忘れずに受け取りましょう。年金の記録が記されている大切な手帳となります。
また、国民年金の手続きが必要な場合は市町村の役場か社会保険事務所でお手続きを行います。

▲このページの上へ

  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報